1級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験

ずいぶんと久しぶりのブログになってしまいましたね。

最近はヒマだったというわけではなく、試験勉強をしていました。

なんの試験勉強かというと『1級ファイナンシャル・プランニング技能検定』実技試験です。今日はその試験日でした。

この試験は『1級』と名前がついていますが、実はそれほど難しくはありません。『CFP資格』(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)を持っている人は受験資格があって合格率は約70%ほどあるのです。

※CFP資格はそれなりに難しい

なんで?そんな試験を受けたかというと、CFP資格は年会費が2万円と高いので維持年会費のかからない1級ファイナンシャルプランニング技能士(1級FP技能士)に資格チェンジしようと思ったわけです。完全に名刺に書く用の名称資格です。

どちらもファイナンシャルプランナーの上位資格ですが、一般の人からすれば『CFP』ってなんですのん?ってなることが多く『1級』『ファイナンシャル』と仰々しいキーワードが並んでいるほうがわかりやすいかと・・・

保険屋さんや金融機関さんは知っている人が多いのですが、不動産業界ではイマイチ知名度がないのです。)

まぁとにかく、年会費がもったいなし、知名度もイマイチだし、独占業務もない名称資格なので『CFP』はいったん凍結しようか!ということで、その代わりの1級FP技能士の試験を受けました。

※1級FP技能士になるにはいろいろな方法があってややこしいのですが、私はFP協会経由という方法です。一応補足しておきます。

勉強方法はどんな感じか?

1級FP技能検定の受験者数は全国で約800人程度と超絶マイナー試験で、参考書もあまりありません。

ほとんどの人が『FPK研修センター』精選過去問題集でやっていると思います。(実際、会場でもほとんどの人が持っていました。)

これを繰り返し3周やる、これだけで十分受かります。

  • 1周目やってみて、間違えたところにしるしをつけます。(暗記物は別途5枚位のノートを作りました。)
  • 2周目も、間違えたところにしるしをつける。(自信のある問題は飛ばす。)
  • 3周目は、間違えたところだけやる。

これだけで十分でした。

しっかりやれば1週間もあれば大丈夫でしょう。ボクは仕事の合間に少しずつやっていきましたので3週間前からスタートしました。

別にそんなに難しい問題ではないのですが、それでも一発で正解できる問題は少ないですし、試験勉強はかなりのストレスです。

去年の11月に受験した『賃貸不動産経営管理士』試験の時もそうだったように、どんな試験でも、試験前は『落ちたらどうしよう』とナーバスになってしまいます。

ちなみに受験料は20,000円

参考書は1,944円

勉強時間は20時間位か?

落ちたら全部無駄になるから『絶対落ちたくない』と思うと、それがまたストレスになります。この3週間はずっとそんな感じでした。

次回に続く

ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。

 

 

フォローする