台風21号被害で業者がいないのでDIY【カムラッチレバー修理】と台風24号について

管理ビルの共用部の窓レバーが壊れてしまって、修理したいのですが、先日の台風21号の影響で、どこのサッシ屋さんも『いつ対応できるかわかりません。年内は無理だと思います。』という位に忙しくて、どこも相手にしてくれません。

窓が閉まらないので、ひもでできるだけ閉めてみます。

この部品が壊れてしまいました。

このままではいつ業者が手配できるかわからないので、自分で直せるか挑戦してみました。

しかし、窓枠を見てみてもどこにも品番が書いていません。こまったな~

仕方がないので、部品をもって金物屋に

店員さんが物をよく見てみると・・・小さく品番が書いてあることを見つけてくれました。

『K-10393』と小さく書いてあります。

すぐにググってみると、YKKの商品で今は廃盤商品ですが、代替品として『YSHH-J-0788』というものがあるそうな。

値段が結構高く5,290円もします。

ネットでみても同じくらいの値段でしたし、品番の場所を教えてもらいましたので金物屋さんで注文します。

このレバーはカムラッチハンドル(カムラッチレバー)という名前らしいです。取り付けてあった窓はカムラッチ(滑り出し窓)という名前だそうです。勉強になるな~。

商品到着

注文して届いたので、取り付けてみます。ねじ2本だけですし、楽勝です。

さっそく取り付けようとしてみると、なぜかねじがうまく入りません。おかしいな~。

よく見てみると

なんか当たってる。

これはサッシの内部に、ねじの固定金具がついていて、その穴が、ずれてしまっているではないですか!

窓ごとはずさないといけないのか?そうなれば素人には無理だぞ、どうしよう。

しばらく悩んでいると

うん、この真ん中の穴は何だろう??

釘でぐりぐりしてみると

中の金具が回転しました。後は微調整して、ねじを取り付けます。

焦って、ねじを窓から落としてしまわないように注意しながら

そっと、取り付けます。(ねじを落としたら最悪です。)

完成しました。ブラックは廃盤で今はシルバーしかありませんが、それでも十分です。

台風24号がまたしても大阪直撃コースですので、その前に窓を閉めることができるようになって良かったです。

業者呼ばなくても、全然自分で修理できますね。

台風24号について

この週末、台風24号が大阪を直撃しそうです。

先日の台風21号の被害で、窓が割れている、瓦が飛んでいるなどは応急処置しかできていませんので、被害拡大・2次被害が心配です。

台風は進路の右側のほうが風が強く、先日の台風21号の進路の中心が兵庫県だったのが、大阪に被害が多かった理由です。

まだ、進路がどこになるのか流動的ですが、東京や愛知といった大都市も進路の右側になる可能性が高いので注意してください。

前回の経験から、シェアできる注意事項として

・ベランダ・庭の荷物は飛ばされるので部屋に入れておいてください。(プランターなど)

・自動販売機のゴミ箱も飛んでしまったので、避難させておいたほうがいいと思います。

・屋上に室外機を置いている人は、補強したほうがいいと思います。

・私は車を立体駐車場に避難させようと思っております。

・停電の可能性があります。

私の人生において一番ひどい台風でしたが、今回もそれに匹敵する規模の可能性がありますので十分注意してください。

ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。

 

 

フォローする