『投資』と『事業』不動産はどっち??

収益不動産を購入し運営することは投資なのか?事業なのか?この議論はいろいろなところで目にする、耳にすることがありますが、『なるほど~』と腑に落ちた回答を見た記憶がありません。

金融機関に融資を頼む時には『投資』という言い方はNGで『不動産賃貸業』と言わないといけません。

いったい、どう表現するのが正解なのか?私も、もやもやしていました。

私の場合は

私は『不動産投資』という言い方は好きではなく、『収益不動産』若しくは『不動産賃貸業』と表現するようにしています。

『投資』というと、株式投資のように、保有期間中は特に何もしなくてもいいように感じますが、収益マンション・アパートを保有するとその運営によって結果は、かなり変わってきます。まあ、『投資』と言わないのは管理会社としてのプライドですよね。

あと、収益不動産を『不労所得』という言い方も嫌いです。マンション経営は現実に『不労』ではないからです。(管理会社に物件運営をアウトソーシングする場合もあります。)

世間の人の場合

それとは対照的に、1年ほど前までは収益不動産価格が過剰に値上がりしており、その期間に、買った値段以上の値段で不動産を売り抜け利益を得た人をたくさん見かけました。

これは『投資』的な状態ですね。(DIYなどでバリューアップ工事をしていれば労働力の投下により事業性がでてきます。)

また、ロードサイド店舗などで土地を事業用定期借地権で賃貸して収入を得ている場合は、ほとんど『不労』状態ですよね。

工場に新型の機械を導入することは『投資』といいますが、実際に機会を動かす人を雇うと『事業』になります。

仮想通貨のマイニング用のPCを買うことは純粋な『投資』といってもいいのではないでしょうか?(組み立てる労働力を投下している??)

ついでにいうと、サブリース業者はマンション経営と同じ賃貸業ですが、『投資』家ではありませんよね?

まとめ

ということで、上記をまとめると大家さんは『不動産投資家』なのか『不動産賃貸業』なのか?は建物の運営は『事業』土地の賃貸は『投資』ということに私の中ではなりました。

つまり、両方の要素があるのでどちらを名乗ってもよいが、しいて言えば、土地・建物の保有配分の多いほうで『投資家』『実業家』を判断すればいいのでは?ということです。

確かに、土地は消費するものではないので消費税がかかりませんし、減価償却できません。それに価格も自分でコントロールできないので、土地を購入することは『投資』的行動でしょう。

あと、マンション経営でお金を増やすのに時間がかかるのは『投資』と『事業』の合いの子だからなんだと納得しました。(それでも、株式の配当利回りよりは早い。)

宅建業者は収益不動産を保有しても商品的な意味合いもありますから、間違いなく『事業』でしょうね。

私は投資家ではありません。

割と、どうでもいい話でした。

ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。

 

 

フォローする