単身高齢者の契約について注意事項をまとめます。

私の方で管理させてもらっているワンルームマンションに80代女性高齢者の申し込みが入りました。

客付け仲介会社が『80代のおばあさんなんですけど大丈夫ですか?』と案内前に聞いてきます。

世間では、単身高齢者を受け入れることに抵抗を感じている大家さん管理会社もいるようです。私も経験がない時には漠然とした不安がありましたが、今はむしろ積極的に受け入れています。

今回は、そのような契約における注意点・懸念点などを整理していきます。

まず『何歳から高齢者』という定義は特にないのですが、80歳ということであれば高齢者ということで間違いないでしょう。

家賃滞納 

年齢によらず家賃滞納は困りますが、私は基本的に『全保連』の家賃保証を付け、家族の連帯保証を必須とします。収入の多い少ないではなく、きちんと身内に保証人になってくれる人がいるかを重視します。身内に保証人になってくれる人がいない(親子の縁を切っているなど)場合は、共同生活に向かない可能性を疑います。

ある程度、高齢になってから、縁もゆかりもないところに引っ越すというパターンはほとんどなく、息子・娘から『同居はできないが、自分の近くに来てほしい』という目的で引越しされる方が大半です。

転倒・骨折

高齢者になると、足腰が弱ってきて杖を突いている人なども多くおられます。今回の物件はバリアフリーではなく、段差も多いので転倒に注意しなくてはいけません。

必要に応じて介護保険を使って、手すりを付けるように勧めます。(許可を出したりします。)

転倒により骨折したりすると、それがきっかけで寝たきりになることも多いと聞きます。

生活環境が変わり、慣れない生活によりいきなりケガをしてしまった。などの理由での短期解約になってしまうと借主・貸主お互いに損をしてしまいます。

その物件で安全・安心に生活ができるか?を仲介会社に任せっきりにせずに、必要であれば面談にて確認したほうがいいでしょう。

面談の結果、明らかに一般の物件で生活できる体力がない場合は、サ高住・有料老人ホームに入ってもらうほうがその人にとっても幸せなハズです。(契約したくてたまらない仲介会社の手前いいにくいですが・・)

孤独死

借主が急激な体調変化(不整脈・心筋梗塞などが多い)によって突然亡くなってしまう可能性は、高齢者に限らず、どの世代でもありますが、賃貸経営においての懸念点は2つあります。

・突然死の確率

 突然死は誰にでもおこる可能性はありますが、男女比で8対2という統計データもあるそうです。男性だから、女性だからと入居を制限することはありませんが、入居者の年齢・性別によって契約前にヒアリングすることや準備することも変わります。

やはり突然の体調変化は年齢とともに確率は高くなります。

・発見の遅れ

1人暮らしの借主が室内で突然亡くなってしまうことは高齢者に限らず、どの世代でもありえることですが、その後の発覚が遅れると、物件にもダメージがありますし、保証人にも原状回復費がたくさんかかり、金銭的負担が大きいです。(何より関係者の精神的ダメージが大きいです。)

事故が起きても1~2日で発覚すれば、建物に被害はほとんどないと思われます。高齢者の場合は介護サービスを受けたりしていることも多いので、もし突然亡くなってしまっても1週間以上、発見が遅れることは50~60代の一人暮らしの方より少ないと思います。

上記に加え、私の場合、例えば『新聞を取る』『高齢者向け宅配弁当を頼む』『家族に1~2日に1回の面会をするよう契約前にお願いする』など、なにがしかの接触頻度を増やす対策をしてもらうようにしています。

現在は『高齢者見守りサービス』のようなものに、安くてよいものが無いように思いますが、ITの発展によって、センサー式の安価で良いものがこれから出てくると思います。

今回は上記3つの対策と、面談も行い問題が無いと判断しましたので、契約を進めます。

まとめ

高齢者に物件を借りてもらうことに【漠然とした心配】がある大家もいるかと思いますが、対策をきちんとすれば、リスクはほとんどありませんし、いままで高齢者に物件を借りてもらって問題が起きたこともありません。

高齢者に限らず、どのような契約も、その時々のリスクを最小にするために注意事項を事前に説明したり、契約書に特約を記載したりするのと同じことです。

また、高齢の入居者は一度入居していただければ、安定的に長期居住していただけることが多いですし、部屋の使い方もきれいで、むしろ優良入居者になることがほとんどです。

賃貸経営において高齢者に物件を借りてもらうことは、今後、より重要な選択肢・収入源になってくると思われますので、きちんと取り組んでいきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。

 

 

フォローする