洗面化粧台の部品交換【シャワーヘッド】

入居していただいている方から、『洗面化粧台の下の方から水漏れしている』と言われ現地を確認してきました。

すると、

シャワーホース劣化による水漏れでした。本当にしょっちゅうあります。(赤線のホースの劣化です。)

簡単に部品交換できるのでやっちゃいます。

今どきは品番をネットで検索すると図面が出てきます。

『FM244U16 』でググってみると、今は倒産してなくなった、MYMの部品で今はKVKが部品を提供しています。

細かく分解図まで出てきます。

http://www.kvk.co.jp/products/parent/category/item/map.html?id=235&file=FB244U16_B.pdf

シャワーボースだけも交換できるみたいですが、今回は施工が簡単なシャワー部を全部交換してみます。

部品番号は『HC582N-6』アマゾンと楽天で調べてみて安いほうの楽天で購入しました。

商品は2日で到着、開封

工具はウォータープライヤーがあればOKです。

さっそく取り付けにかかります。念のため止水栓をしめるのをお忘れなく!

接続カプラーはオレンジ色の部分を下に押下げると外れます。

カプラーはホースにねじのようにくっついているので、くるくると外します。この時には固かったのでプライヤーで挟んで外しました。カプラーは再利用しました。

本体はシャワーヘッドの根元をくるくると回すと簡単に外れます。

外れました。

あとは外したのと逆の手順ではめればOKです。カプラーのオレンジのところをきちんとはめないと、すぐに外れてしまいますので要注意、試しで水を出すときはソロリソロリと出してみてください。

完成しました。なれれば30分位でできるようになります。

写真でわかりにくいですが、交換した部分はきれいになっています。

この洗面台は建物新築時から設置してあり15年以上経過しているものなので、基本的には部品交換ではなく、洗面台ごと新品にすることをお勧しています。

というのも、一部分を修理しても、また別のところが故障したりして、結局新品に交換するのより割高になることもあり得るからです。

今回は入居中の部屋でしたので、簡単にできる部品交換で対応させてもらいました。

部品交換は業者に頼むと2.5~3万円くらいでしょうか?業者さんも交通費・手間賃がありますからそれくらいはすると思います。

退去後に、水漏れが発覚した場合などは募集対策の一環として洗面台ごと新品に交換しています。業者に頼んでも6~7万円位でそんなに高くないですしね。

おわり

ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。

 

 

フォローする