不法投棄対策について

収益不動産を所有していて不法投棄の被害にあった方は多いと思います。私も何度も被害にあっております。その経験の中からシェアできることを書いていきたいと思います。

まず、不法投棄(ふほうとうき)とは、法令や条約に違反した処分方法で廃棄物を投棄すること。で犯罪】です。これに違反すると

個人の場合  5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金またはその両方の罰

法人の場合  3億円以下の罰金刑

が最高で科されます。

軽く考えている人が多いですが、他人の敷地に紙くず、ビン、缶などのちょっとしたものを捨てるだけでも厳密には不法投棄に該当します。(ポイ捨ての場合は軽犯罪法違反の場合あり)

よく、自分のマンションに勝手に停めてある無許可・放置自転車を道路・歩道に放り出す方がおられますが、それも厳密にいえば不法投棄にということになりますのでご注意ください。

※道路が公道の場合はその管理者である行政機関が被害者ということになります。

自分の所有マンション等の前道(公道)に捨てられた場合は、市役所などの行政機関にに電話すると、もち帰って処分してくれます。

もし、自分の敷地に不法投棄されたものがあっても、それをこっそり道や他人地などに移すのはやめましょう。それは不法投棄になってしまい、犯罪なんです。犯人が見つからない場合は理不尽ですが、自身でお金を払って処分するしかありません。 ※産業廃棄物の処分は高いんだな~。(涙)

ちなみに不法投棄はちょっとした物でも立件されれば、罰金は30万円ほどになることが多いようです。

実践編

そして、ここからが実務的なところになりますが、まず、不法投棄は犯罪ですが、警察はほとんど動いてくれません。警察を動かすにはオーナーの方で罪を立証するだけの、証拠のお膳立てが必要です。(具体的には車のナンバープレートなどの証拠)

なので防犯カメラなどで自己防衛は絶対に必要です。証拠がない場合は、悔しいですがあきらめるしかありません。例えば、捨てられたゴミの中から名前の入った書類が出てきても、『誰かが勝手に捨てたんでしょ』と言われ、それ以上追及できません。

防犯カメラも最近は価格が下がってきているのでこの機会に導入をご検討ください。

そのほかにも捨てられやすい場所に柵をつけて、ふさいでしまう。自動販売機を設置して明るくする。など捨てられない工夫は必要です。

まず、不法投棄された物をを発見した場合、防犯カメラをチェックし犯人が写っているかを確認し、犯人を特定できるかを自分で調べます。そして、犯人が写っていた場合は交番ではなく所轄警察署の生活安全課に直接行ってください。←ここポイント

所轄署の刑事は、ほぼ必ず『犯人見つからないよ。』と門前払いしようとしてきますが、負けてはいけません。厳密な法律の話をしてください。そうすると現地確認はしてくれます。

現地確認では不法投棄されたものの重さを測ったり、写真を撮ったりしますので、不法投棄されているものを発見した時には物に触れないようにしてください。図面の提出等、協力できるところは最大限してください。

不法投棄は親告罪ではなく物を捨てた時点で犯罪行為が発生したとみなされ、被害届は必要ありません。後日、調書は取られますので、『忙しいのにすいませんね~。ありがとうございます~。』と低姿勢でのぞみましょう。

オーナーが調べた証拠のおかげもあって、犯人が捕まった場合は警察に『検察の処分を教えてくださいね。』と伝えておくほうがベターです。何も言わないと進捗について誰も何も教えてくれませんのでご注意ください。

あとは、平行して民事で処分代金の話をしていくことになります。私はもらえたことがありませんが・・

私は、今まで3回防犯カメラの映像から犯人の手がかりを見つけ、内2回は罰金刑まで持ち込みましたが、1回は謎の不起訴でした。理由はおそらく、警察官が門前払いしようとするので、それに食ってかかってしまった、ことによる仕返しなのかな、と思っています。なのでその反省を踏まえ、今は穏やかに、警察の捜査のお手伝いをする。という感覚で取り組んでいます。

改めて、こうして文章にすると、『俺って費用対効果に合わないことしてるな~。』と思いますが、自分の管理物件にゴミが捨てられているのを見ると、ふつふつと怒りが沸いてきてしまうのです。

不法投棄は犯人が特定できるのは本当に稀で、ほとんどの場合は物件オーナーや自身で費用負担してゴミを処分することになり、積年の悔しい思いが、そうさせるのでしょうね。

昔は当たり前だった飲酒運転が今はほとんどなくなったように、不法投棄も割に合わない犯罪だということを周知させていきたいと思います。抑止力ってめっちゃ大切ですからね。

ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。

 

 

フォローする